- Blog記事一覧

Blog記事一覧

子供との時間【親もこんな思いで育ててくれたのかな】

2020.07.14 | Category: 子供,日々のこと

【親もこんな思いで育ててくれたのかな】
昨日は初めての体験「ニジマス釣り」


一緒にやってくれて、ありがとう!

先週に引き続き清水公園へ
今回は、駐車場から、
お花や虫、小川を見ながら
草や土の上を、
トコトコ歩き、

キャンプ・バーベキューコーナーを見てみよう
ということになりました。

(大抵、僕が決めます。
外ではリーダーシップなど発揮したことありませんが、
うちの中だけは別です。
たまに、疲れて放棄して、
投げやりになって、本当にごめんなさい。)

そこで、異彩を放つ空間がありました。
息子の目もキラーンと光り輝きました。

✨ニジマス釣りがありました✨

実は、
うちの近く結構小さな川で釣りをしている人がいて、
息子は、釣りしてる人を指差して、
「何してんだろね〜??」と、
僕は、
「釣りしてんだよ、いつかやろうね」と、
そんな会話を軽く30回以上はしていたと思います。

おぉ〜✨
と思うと同時に、
はい、僕、釣りしたことありません

でも、やるしかありません!
息子は、やる気満々ですから!
僕もやる気満々!

家族といえど、ちょっと格好つけたい、
いいところ見せたいのが、男ですから!
#わからない事は聞けばいい(妻)

「エサが生き物だったら、付け方わかるかな?」
→コーンでした
「釣れるかなぁ?どうやったらうまく釣れるんだ?」
→結果、慣れたら2匹釣れました
「子供に、教えられるかなぁ?」
→もっとやりたい!と楽しんでくれたご様子

初めは、隣の方達が釣れているのに、
うちだけ釣れず、
おー、おー、と思っていまいしたが、
餌の付け方、場所を変えたら、
連続ヒット!!

初めて釣れた瞬間は、
家族みんなで2、3、4歩下がるくらいビックリ、
「やった、釣れたね〜!」と同時に、
ニジマスがビチビチして、
更に、みんな「お〜!!お〜〜!!」とジタバタ、アワアワ

ただ、釣り糸?フック?から魚を外せず、
スタッフの人に、取ってもらいましたけどね^^;
#聞く事は恥ずかしくないぞ!(妻)

ワチャワチャも、
釣れないのも、
子供がちょっと飽きそうだったことも、
暑いのも、
釣ったニジマスを上の子が一口も食べないことも、

何かとっても楽しかった

とーちゃん、初めて釣り(もどき?)したよ。
一人じゃきっと、一生やらないかもしれなかったけど、
ぼっくんが、やらせてくれたよ。
うん、楽しかった。

それから、
魚を子供に触らせてあげられて良かった。

きっとこれからも、
たくさんの事を一緒にやらせてくれるのかな。

そして、
たくさんの経験をさせてくれるのかな。
嬉しいことも、心配するようなことも、いろいろ。

それからそれから、
自分が、
既に経験した事も、
もう一度、子どもを通して、
親の目線で、親の気持ちで、
経験させてもらえるのかな。

親もこんな思いで、僕を育ててくれたのかな。

ありがとう、ありがとうございます

*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:*

僕、栗原洋は、
まだまだ何も具体的な事はないのですが
これから、鍼灸問わず、

「穏やかな、優しい、素直になれる」
関わり、空間が持ちたい!
そんな世界を作りたい!と思っております。

そして、そんな共有・場所・関係が、
これからはとても大切な気がしています。

そんな僕の発信に耳を傾けてお付き合い・協力いただける方は、
こちらからご登録いただけると嬉しいです。

登録はこちら

https://lin.ee/d76K9OO

また、現在、鍼灸治療を通じて、

身体から、
こころ、
日々のパフォーマンスを
高める全身鍼灸をしています。

整った余裕のある身体は、
穏やかで、誠実な精神を、
質の高い、情熱的なパフォーマンスを、
発揮できます。

あなたの
「よりよく自分らしく大切に生きる」
生き方の、大切な土台になります。

鍼灸・お身体のご相談・ご予約が可能です。
LINEの登録はこちら

https://lin.ee/d76K9OO

*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:*

明日は7年目の結婚記念日

2020.07.12 | Category: 未分類

【明日は七年目の結婚記念日】

付き合って9年、結婚して7年。


計16年以上一緒にいる〜

すごいよ!すごいよ!

妻の良いところ書きます!
頑張って言えたら明日伝えます〜。

【何をしても否定しない】
【やりたい事を、邪魔しない、止めない】

自由に気持ちよく開業、仕事が出来たのは、
妻のこの力が大きい!
気づかなかったけど、
これってありがたいことだなぁ。
普通、心配だったり、
きっと口を出したい人もいるはずだよなぁ。
すごい力だ。
感謝感謝。

【失敗しても絶対責めない】
【謝れば、許してくれる】
【文句を言わず、イライラせず待てる】

ミスやできないことも、
大抵のことは許してくれる。
というか、
そういうことで責められたことないなぁ。

はい、僕、反省します。
…ごめんなさい

待たせちゃっても、全然機嫌変わりません。

「口出さず、好きなことさせて、責めない」
すごい!すごい!

実は、たまに、他の人と比較して、
「うちの家族は何も手伝ってくれない!」
なんて、思ってしまっていたけれど、

うちのかーちゃん、
「安全マット付きのトランポリンだね!」
自分だけピンと来てます^^;

好きなだけ、
飛ぶだけ飛ばせてくれて、
倒れたら、
文句も言わず、
バッと受け止める。

書いてたら、すごい素敵な女房〜。
昨日は喧嘩してごめんなさい、
いや、
僕が一方的にイライラして、
ごめんなさい。

他にも
【思い通りにいかないことも、当たり前と思える】
【基本、のんびりしている】
【変わらない】
【子供が好き】
などなど。

※良いところばかりだとアレなので、
悪いところは、この長所を反対にして想像して下さい笑

付き合っていた9年間は、
ほとんど喧嘩した記憶はないけど、
結婚してからの7年間は、
まあまあまずまずありました。
#みなさんあるよね〜

でもでも、
結婚する前は、未熟なりに、
自分の気持ちは安定してると思っていたけど、

結婚して、家族が増えて、
自分の未熟さがたくさん見えて、
勝手さに気づいて、
怒ったり、苦しんだり、
たまに、気づかず、
八つ当たりしちゃってたり、

「オ゛ォ゛〜、ア゛ァ゛〜」と
深く深く沈み込み反省しますが、

何か、1人の時より、
随分人間らしくなった!

何かを思う力も、
ありがたいと思う気持ちも、
繋がり、親との関係、
自分の気持ちの形、

悪いところも、
良いところも、
ハッキリしてきた!

なにやら、
自分の中で、
ひとつひとつ新しいステージへ進んで、
敵を倒したり、
仲間を見つけたりながら
階段を登っていく感覚です。

妻の話が、
結局自分の話になってしまいましたが、

明日は、
結婚式、二次会の後で、
私服に着替えて、
夜遅くに、
婚姻届を一緒に、
歩いて届けにいったことを思い出しながら、
穏やかに過ごす予定です。

こころが定まったら、相手を信じて話す!

2020.07.10 | Category: 患者さんの話,日々のこと

【心が定まったら相手を信じて話す】

今年の4月から院内の施術時間を増やしたかったので、
往診の仕事を半分ほど、仲間の先生にお願いした時に気づいたことです。

 

僕は、言いにくい事、相手にお願いする事、を伝えるのが苦手(会話も、話さなくて平気?待っている?ことが多いです)で、

 

多少嫌でも我慢して、何かのためになると自分に言い聞かせ、
開業して6年、どこへでも行って、ある程度の時間なら融通をして治療へ向かっていました。(もちろん開業当初は、そうしなければ生活できませんでした。)

 

だけれど、昨年あたりから、
もう少し院内で治療したい(体力的にも、治療効果的にも)、家族との時間を取りたい、他の予定(人と会う、勉強会の予定を入れる)を入れたい、もっと勉強したい(10年近く患者さんと向き合ってきた経験をもう少し言葉にしたい)と心の中でウズウズとした想いが出てきてしまいました。

 

 

そして、タイミングよく助けてくれる先生が見つかり、
今しかないと思い、本格的に往診の患者さんから自分が退く決意をしました。
(大きな施術所ならそんな事当たり前なのかもしれませんが、自分にとってはとても大きな決断でした。)

 

「よし、年を越したら初めの施術の時に話そう!」と思いました。
けれど、言わなきゃ、言わなきゃと思いながらも、
「正月のお休みは辛かったよー」などと言ってもらえると、
「まだ、完全に煮詰まってないし、2月にしよう…」と言えず、

 

 

更に2月の頭にも言えず…
結局、言えたのは、2月最終週くらい…
患者さんにも準備があるだろうに…ごめんなさい

 

そして、いろんな意味で本当にごめんなさいでした。

 

 

変更、入れ替えを相談する事が、
伝える前、頭で考えてる時は、
不安で仕方なく、嫌な顔、無責任だなと思われたり、ギリギリになってしまって迷惑をかけてしまったなど、色々な思いでいっぱいでした。
とっても怖がっていました。
今書いていると何で言えなかったんだろうと不思議なんですが。

 

実際、心を定めて、腹を据えて、正直に、患者さんに伝えてみると、
皆さん、背筋を伸ばして、目をしっかり見て、「いいですよ」とか、「はい」とか短いけれど温かい返事をしてくださいました。

 

心配してた自分が本当に恥ずかしく、情けなくなりました。
自分のやりたいこと、考えを応援してくれていると感じられたからです。

 

後から思い出すと「残念」や「えー」なども全く仰らず、

 

皆さんの温かい目を思い出すと今でも、心がギューとなり、ふるふると震えます。ありがたいなぁと。忘れちゃいけないなぁと。

 

 

普段の会話、声をかける事なども簡単にするのが苦手だなと思っているけれど、
それは矢印が自分ばかりに行っているんだなと。
〜だったらどうしよう、シカトされたらどうしよう、反応が悪かったらどうしよう、あとは、面倒くさがられたらどうしようなど。

 

でもでも、今回の件で気づいた事は、

 

言いにくい、緊張する
というのは、相手を信用していないことになるんじゃないか。

 

 

最善の用意、相手に負担のない準備を考えたら、
あとはタイミングを見て、受け取る相手を信じて話す。

 

しっかりと心に決めて話した言葉に、
想像していない言葉が返ってきてもそれは一度受け入れ、
あとは相手の課題と思っても良いのかもしれないなぁ。

 

 

それに、おそらく心に決めたことなら、そんな言葉は返ってこないし、
きっと後悔はしないんじゃないかなぁ。
「心が定まったら相手を信じて話す。」
怖がる必要なし!

 

普段の会話も、相手を信じて話す。
こっちはもっと気軽でいいか^^;
相手が嫌そうでなかったら、無責任にただ話す。
日々、これからが豊かになる、小心者の僕の良い気づきになりました!
ありがとうございました。

 

修行時代からの気づき【ものを活かす〜お掃除から得たもの〜】

2020.07.08 | Category: 修行時代,当院の全身鍼灸治療,日々のこと,治療院・自己紹介

【ものを活かす〜お掃除から得たもの〜】修行時代からの気づき

「掃除綺麗にされてますね〜」
「きれいやな〜」
「お花きれいですね〜」
「この花瓶好き」
など、

お体の調子がよくなってきた方や、
緊張がほぐれてきた方や、
初心の方がぽろっと、

こんな事を言ってもらったりします。

 

 

掃除はしっかり仕込んでもらいました。
修行時代に。
初めて見た、治療院掃除、圧倒されました。
何人もの先輩たちが、慎重に、素早く、細かく、的確にお掃除。

だから、うちの治療院も、
建物は新しくはないですが、
キレイです!

その後、お掃除見学を終え、
お掃除をみっちり、先輩、お掃除のプロに教えていただきました。

だから、うちの治療院は、
6年過ぎましたし、建物は30年以上たっていますが、
キレイです!
(二回言いました!)

 

「ホコリには流れがある!」
「物には必ず向きがある!、顔がある!」(なさそうな物でも)
「ホコリのつきやすいところはここ!」
「角を丸く拭くのは、ツメが甘い、そこに出る!」
「物は必ず同じ位置へ、元の位置へ戻せる力!」
「忘れ物をしない!」
「片付けが甘いと、ツメが甘い!」
などなど

 

初めは、物の位置など、床の木目を数えて覚えたり、
確認、確認、再確認の再確認で、とても作業が遅かったり、
忘れ物をして、学校に届けられたり、
前と後ろ、分からない物を何とか小さい目印を見つけ覚えたり、、、

何も知らない分、
たくさん教えてもらい、指導していただき、

そして、だんだん何年もお掃除を続けているうちに、

「これだとなんか気持ち悪い」という感覚を、
身体に染み込ませてもらいました。

この感覚は、
治療にも、空間づくりにも、
とっても貴重な感覚だなぁと思います。
 

元々、センスのある方は良いのですが、
お金を払ってすぐ手に入る感覚ではないですし、
自分だけではとても磨ききれない感覚だと思ったからです。

鍼灸院にそんな修行、時間、感覚、必要ないという方もいるともいますし、
そんな時間があるなら、お金で、空間を買ったり、
経営の勉強をした方が、良いと思う方も少ないと思いますが、

 

僕は、
この「何かおかしい」「何か気持ち悪い」
反対に「これだとピシッとくる」「これ気持ちい」

という、
「あるべきものが、あるべきところに、ある」
「これで、このものが、活きる」
という感覚を体で覚えられたことが、とても大きな財産だと思っています。

そして、
これは、他に無い、
結構、特別で、貴重な財産だと思っています。

 

よくドラマにある、掃除など日常生活が、
修行になるというのはあながち間違ってはいないのかなぁと思います。

コリも隅や組織の交わるところなどに出ますし、
なんか汚れてるなぁも、なんか身体おかしいなぁに繋がるし、
ホコリの流れも、自然の動きの流れだろうし、

お顔、肌のツヤや、明るさの変化、
声のトーンの違い、におい、
足の重さ、体の向き、あたたかさ、

いろいろなことに、気付ける力!

 

だから、
治療院が(手入れをして)綺麗なのは、
清潔感だけでなく、とても大きな意味があると思います。

また、
心地よい治療院の雰囲気は、
院主が、物の位置、向き、場所、音楽、お花、香りなどを、
来院される方のために、徹底的に配慮しているから出来上がります。

そして、それも治療、お身体の力が高まる要素の1つだと思っています。
 

 

そんな空間にしっくりいられるよう
実際、お会いして何かいいな、素敵だな、心地いいなと思っていただけるような

治療院、自分自身でいられるよう、

日々、少しづつ前に進んで行けたらと思っています。

治療方針・治療に対する心がけ【2020年7月】

2020.07.07 | Category: 子供,当院の全身鍼灸治療,挨拶,日々のこと,治療院・自己紹介

今、大切にしていること

(生活、仕事のこころの面)

 

「素直になる」

「ただ大切な言葉を伝えられる」

「恥ずかしがらずに、照れずに、ただ、親切ができる」

「お互い、ほっとする」〜あなたに会うとホッとする〜

 

こどもができて、

こどもに声をかけるとき、こどもを助けるとき、こどもの話を聞くとき、

こどもに笑わせてもらうとき、久しぶりにこどもに会えたとき、

 

上の子がイヤダイヤダをするとき、下の子が夜中に起きているとき、

 

「あなたが好きだよ」「あなたが大好きなんだよ」と伝えます。

目を見て、照れもせず、ただ本当のその言葉を伝えます。

 

その言葉を伝えるとき、なぜか僕は涙が出そうになります。

 

そして、その感覚がとても好きです。

 

重くも、軽くもない、理由も、計算もない、

ただ、その心地よい言葉が自分から発せられること、相手に受け止められていることが、

とても嬉しくて、嬉しくて。

 

「あなたが好きだよ」

「そのままでいいよ、いいんだよ」

「何があっても、絶対、大丈夫」

「何があっても、味方だよ」

 

僕は、こどもに教えてもらった、

そんな関係が、そんな世界が、あること、まだ作れることを信じています。

そして、まずは自分から、そんな場所を作ります。

 

そんな世界、そんな空間、そんな誰かがいるということを、感じて欲しいのです。

そして、そんな空間の積み重ねが、現代の人の病だけでなく、何かを変える気がするのです。

 

僕は、良いところを見つけることは得意です。

否定する事も好きではありません。

みんな、本当に一生懸命生きている のを知っています、信じています。

「いいんだよ、大丈夫だよ」

 

僕が思っていたのにやらなかったのは、

みんながやらないから、恥ずかしいから

 

だから、

知っている人の前ではおちゃらけたり、ふざけたり、分からないフリをしたり、

知らない人の前では静かで、言葉をかけないよう無関心、距離感、繋がりに慎重になったり、

 

では、もったいない!

 

僕の周り、治療院内、会う方だけでも、

 

こどもが思い出させてくれた感覚、

素直な言葉をかけあえる繋がり、

何にもない穏やかな世界、

 

そんな風にいたいんです!

 

ただ、言葉を言えて、

ただ、相手を思えて、

ただ、それだけ

 

まだそこへ向かっている途中なので、

完璧にできるとは言えません、

がっかりさせてしまう事もあるかもしれませんが、

強く胸に秘めています。

 

僕と会う方、いらしてくれる方と、

そんな感覚を共有してくれる方がいたら!

そんな繋がりを感じられたら!

そんな世界を一緒に作っていけたら!

 

緊張マンで、気にし過ぎマンな僕なのですが、

 

今は、

馬鹿と思われてもいいし、あやしいと思われてもいいから、

 

もったいないから、この心を閉じずに、

ちょっとセンチメンタルな、気持ちの大きく動く、そんな自分を大切にしたいと思っています。

 

僕は、2020年7月現在、生活、仕事を通して、

そんな気持ちを持って生きています。

こんな気持ちを持って仕事にあたっています。

お気軽にご相談ください!鍼灸栗原治療院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
LINEの登録はこちら


鍼灸栗原治療院の口コミ・感想をもっと見る

アクセス情報

所在地

〒270-0226
千葉県野田市東宝珠花94-2

駐車場

2台あり
※広い駐車場ではありませんので、運転の苦手な方は、事前にご相談ください。
※不安な方は、近くで停車して予約時間5分前にご連絡いただければご案内いたします。

休診日

日曜・月曜・祝日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話・メール・ラインにてご予約お願いいたします。

※往診中は電話に出られないことや、施術中は手が離せないことなどありますが 電話に対応できる時は、電話に出ます。折り返しもできます。
いつ電話をしていいか迷ってしまうという方、今大丈夫かなぁと心配な方も、診療時間中は、遠慮なくご連絡いただければと思います。
休診日も電話だけ受けられることもあります。

メール・ラインは24時間いつでもお待ちしております。
送信後、24時間以内に返信がない場合は、電話でご連絡いただけると助かります。