-リウマチ | 野田市東宝珠花の鍼灸なら【栗原治療院】

リウマチ

免疫の異常により、自分の身体を外敵とみなし攻撃してしまう。
関節に炎症が起き、腫れて痛み、最終的に破壊されてしまう病気。

「自己免疫疾患」と呼ばれ、原因は不明。
女性が多く、30~50歳代で多く発症。

治療方針

免疫

当院の全身治療により自然治癒力を高め、免疫力を正常化します。

ホルモン

女性ホルモンが影響を与えている可能性があるため、ホルモンバランスを正常化します。

全身治療により、自分で自分を壊してしまわないように体質を改善します。

炎症反応

過剰に起きてしまっている炎症・痛みを抑えます。
痛みの強いところに糸状のお灸を5~7つえます。

変形硬縮こうしゅく

炎症が慢性化すると、徐々に関節の変形や硬縮が起こってきます。
特に手足の指関節周り、手首に痛み硬縮が出ることが多く、その時は、関節の動きをよくするために鍼を刺したままにし、灸頭鍼であたためます。

体質改善をしながら、痛み、炎症を抑え、こわばり固まり変形した関節を柔らかく痛みが少なくなるよう再生をします。

鍼灸治療を継続しているうちに、痛みはやわらぎ、薬の影響で代謝が悪くなってくすんでいた肌の色つやも良くなり、関節の動きも良くなります。
硬縮に鍼を刺すことは大変ですし、体質改善にも時間はかかりますが、鍼灸治療はリウマチを根本から回復に向かわせることができます。

薬の副作用を我慢できない方、改善をあきらめたくない方、本気で良くしたい方ご相談ください。


お気軽にご相談ください!鍼灸栗原治療院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
LINEの登録はこちら


鍼灸栗原治療院の口コミ・感想をもっと見る

アクセス情報

所在地

〒270-0226
千葉県野田市東宝珠花94-2

駐車場

2台あり
※広い駐車場ではありませんので、運転の苦手な方は、事前にご相談ください。
※不安な方は、近くで停車して予約時間5分前にご連絡いただければご案内いたします。

休診日

日曜・月曜・祝日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話・メール・ラインにてご予約お願いいたします。

※往診中は電話に出られないことや、施術中は手が離せないことなどありますが 電話に対応できる時は、電話に出ます。折り返しもできます。
いつ電話をしていいか迷ってしまうという方、今大丈夫かなぁと心配な方も、診療時間中は、遠慮なくご連絡いただければと思います。
休診日も電話だけ受けられることもあります。

メール・ラインは24時間いつでもお待ちしております。
送信後、24時間以内に返信がない場合は、電話でご連絡いただけると助かります。