-膝の痛み | 野田市東宝珠花の鍼灸なら【栗原治療院】

膝の痛み

  • 階段を降りるときや動き始めに膝が痛む
  • 膝に水がたまる・腫れる
  • 膝が曲がりにくい・伸びにくい・正座ができない
  • 動かした時に音がする
  • 膝が変形する

上記のような状態は、『変形性膝関節症』と呼ばれ、多くの患者さんは膝に注射を打ったり、膝の水を抜き痛みに耐えています。

原因

加齢や長年の膝への負担によって、膝関節のクッションの役割である軟骨がすり減り、痛みが生じます。

改善に重要なこと

「膝にかかる衝撃を減らす」ことです。

治療

膝の関節内が窮屈で硬くなっており痛みの神経をより刺激しています

鍼で固まった関節内にゆとりをもたせ、神経を刺激しにくく、回復のための血流(栄養)も良くします。

「腰・骨盤・股関節・足・足首」が硬くなってしまっていると、膝への負担も大きくなります

特に「腰」「足首」が柔らかければ、動く際、膝へ強い衝撃が加わる前に腰、足首が多くの衝撃を吸収してくれます。
腰・お尻・足・足首の柔軟性をあげ、膝への負担を減らします。

生活

もも(大腿四頭筋)の筋力不足も膝への負担を増加させます

ももの筋力があると、膝サポーターの役割をしてくれ膝への衝撃を和らげます。
ももの筋力を鍛える体操、膝を柔らかくするストレッチをご説明します。

体重管理も大切です


お気軽にご相談ください!鍼灸栗原治療院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
LINEの登録はこちら


鍼灸栗原治療院の口コミ・感想をもっと見る

アクセス情報

所在地

〒270-0226
千葉県野田市東宝珠花94-2

駐車場

2台あり
※広い駐車場ではありませんので、運転の苦手な方は、事前にご相談ください。
※不安な方は、近くで停車して予約時間5分前にご連絡いただければご案内いたします。

休診日

日曜・月曜・祝日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話・メール・ラインにてご予約お願いいたします。

※往診中は電話に出られないことや、施術中は手が離せないことなどありますが 電話に対応できる時は、電話に出ます。折り返しもできます。
いつ電話をしていいか迷ってしまうという方、今大丈夫かなぁと心配な方も、診療時間中は、遠慮なくご連絡いただければと思います。
休診日も電話だけ受けられることもあります。

メール・ラインは24時間いつでもお待ちしております。
送信後、24時間以内に返信がない場合は、電話でご連絡いただけると助かります。