- Blog記事一覧 -子供 | 野田市東宝珠花の鍼灸なら【栗原治療院】の記事一覧

子供 | 野田市東宝珠花の鍼灸なら【栗原治療院】の記事一覧

子供との時間【親もこんな思いで育ててくれたのかな】

2020.07.14 | Category: 子供,日々のこと

【親もこんな思いで育ててくれたのかな】
昨日は初めての体験「ニジマス釣り」


一緒にやってくれて、ありがとう!

先週に引き続き清水公園へ
今回は、駐車場から、
お花や虫、小川を見ながら
草や土の上を、
トコトコ歩き、

キャンプ・バーベキューコーナーを見てみよう
ということになりました。

(大抵、僕が決めます。
外ではリーダーシップなど発揮したことありませんが、
うちの中だけは別です。
たまに、疲れて放棄して、
投げやりになって、本当にごめんなさい。)

そこで、異彩を放つ空間がありました。
息子の目もキラーンと光り輝きました。

✨ニジマス釣りがありました✨

実は、
うちの近く結構小さな川で釣りをしている人がいて、
息子は、釣りしてる人を指差して、
「何してんだろね〜??」と、
僕は、
「釣りしてんだよ、いつかやろうね」と、
そんな会話を軽く30回以上はしていたと思います。

おぉ〜✨
と思うと同時に、
はい、僕、釣りしたことありません

でも、やるしかありません!
息子は、やる気満々ですから!
僕もやる気満々!

家族といえど、ちょっと格好つけたい、
いいところ見せたいのが、男ですから!
#わからない事は聞けばいい(妻)

「エサが生き物だったら、付け方わかるかな?」
→コーンでした
「釣れるかなぁ?どうやったらうまく釣れるんだ?」
→結果、慣れたら2匹釣れました
「子供に、教えられるかなぁ?」
→もっとやりたい!と楽しんでくれたご様子

初めは、隣の方達が釣れているのに、
うちだけ釣れず、
おー、おー、と思っていまいしたが、
餌の付け方、場所を変えたら、
連続ヒット!!

初めて釣れた瞬間は、
家族みんなで2、3、4歩下がるくらいビックリ、
「やった、釣れたね〜!」と同時に、
ニジマスがビチビチして、
更に、みんな「お〜!!お〜〜!!」とジタバタ、アワアワ

ただ、釣り糸?フック?から魚を外せず、
スタッフの人に、取ってもらいましたけどね^^;
#聞く事は恥ずかしくないぞ!(妻)

ワチャワチャも、
釣れないのも、
子供がちょっと飽きそうだったことも、
暑いのも、
釣ったニジマスを上の子が一口も食べないことも、

何かとっても楽しかった

とーちゃん、初めて釣り(もどき?)したよ。
一人じゃきっと、一生やらないかもしれなかったけど、
ぼっくんが、やらせてくれたよ。
うん、楽しかった。

それから、
魚を子供に触らせてあげられて良かった。

きっとこれからも、
たくさんの事を一緒にやらせてくれるのかな。

そして、
たくさんの経験をさせてくれるのかな。
嬉しいことも、心配するようなことも、いろいろ。

それからそれから、
自分が、
既に経験した事も、
もう一度、子どもを通して、
親の目線で、親の気持ちで、
経験させてもらえるのかな。

親もこんな思いで、僕を育ててくれたのかな。

ありがとう、ありがとうございます

*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:*

僕、栗原洋は、
まだまだ何も具体的な事はないのですが
これから、鍼灸問わず、

「穏やかな、優しい、素直になれる」
関わり、空間が持ちたい!
そんな世界を作りたい!と思っております。

そして、そんな共有・場所・関係が、
これからはとても大切な気がしています。

そんな僕の発信に耳を傾けてお付き合い・協力いただける方は、
こちらからご登録いただけると嬉しいです。

登録はこちら

https://lin.ee/d76K9OO

また、現在、鍼灸治療を通じて、

身体から、
こころ、
日々のパフォーマンスを
高める全身鍼灸をしています。

整った余裕のある身体は、
穏やかで、誠実な精神を、
質の高い、情熱的なパフォーマンスを、
発揮できます。

あなたの
「よりよく自分らしく大切に生きる」
生き方の、大切な土台になります。

鍼灸・お身体のご相談・ご予約が可能です。
LINEの登録はこちら

https://lin.ee/d76K9OO

*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:*

治療方針・治療に対する心がけ【2020年7月】

2020.07.07 | Category: 子供,当院の全身鍼灸治療,挨拶,日々のこと,治療院・自己紹介

今、大切にしていること

(生活、仕事のこころの面)

 

「素直になる」

「ただ大切な言葉を伝えられる」

「恥ずかしがらずに、照れずに、ただ、親切ができる」

「お互い、ほっとする」〜あなたに会うとホッとする〜

 

こどもができて、

こどもに声をかけるとき、こどもを助けるとき、こどもの話を聞くとき、

こどもに笑わせてもらうとき、久しぶりにこどもに会えたとき、

 

上の子がイヤダイヤダをするとき、下の子が夜中に起きているとき、

 

「あなたが好きだよ」「あなたが大好きなんだよ」と伝えます。

目を見て、照れもせず、ただ本当のその言葉を伝えます。

 

その言葉を伝えるとき、なぜか僕は涙が出そうになります。

 

そして、その感覚がとても好きです。

 

重くも、軽くもない、理由も、計算もない、

ただ、その心地よい言葉が自分から発せられること、相手に受け止められていることが、

とても嬉しくて、嬉しくて。

 

「あなたが好きだよ」

「そのままでいいよ、いいんだよ」

「何があっても、絶対、大丈夫」

「何があっても、味方だよ」

 

僕は、こどもに教えてもらった、

そんな関係が、そんな世界が、あること、まだ作れることを信じています。

そして、まずは自分から、そんな場所を作ります。

 

そんな世界、そんな空間、そんな誰かがいるということを、感じて欲しいのです。

そして、そんな空間の積み重ねが、現代の人の病だけでなく、何かを変える気がするのです。

 

僕は、良いところを見つけることは得意です。

否定する事も好きではありません。

みんな、本当に一生懸命生きている のを知っています、信じています。

「いいんだよ、大丈夫だよ」

 

僕が思っていたのにやらなかったのは、

みんながやらないから、恥ずかしいから

 

だから、

知っている人の前ではおちゃらけたり、ふざけたり、分からないフリをしたり、

知らない人の前では静かで、言葉をかけないよう無関心、距離感、繋がりに慎重になったり、

 

では、もったいない!

 

僕の周り、治療院内、会う方だけでも、

 

こどもが思い出させてくれた感覚、

素直な言葉をかけあえる繋がり、

何にもない穏やかな世界、

 

そんな風にいたいんです!

 

ただ、言葉を言えて、

ただ、相手を思えて、

ただ、それだけ

 

まだそこへ向かっている途中なので、

完璧にできるとは言えません、

がっかりさせてしまう事もあるかもしれませんが、

強く胸に秘めています。

 

僕と会う方、いらしてくれる方と、

そんな感覚を共有してくれる方がいたら!

そんな繋がりを感じられたら!

そんな世界を一緒に作っていけたら!

 

緊張マンで、気にし過ぎマンな僕なのですが、

 

今は、

馬鹿と思われてもいいし、あやしいと思われてもいいから、

 

もったいないから、この心を閉じずに、

ちょっとセンチメンタルな、気持ちの大きく動く、そんな自分を大切にしたいと思っています。

 

僕は、2020年7月現在、生活、仕事を通して、

そんな気持ちを持って生きています。

こんな気持ちを持って仕事にあたっています。

子供との時間『おたまじゃくしの101ちゃん』

2020.07.07 | Category: 子供,日々のこと

昨日は、清水公園の花のファンタジアに行ってきました。

「花ファンタジア「春の部」は6月30日までとなっておりましたが、
7月5日(日)まで期間を延長して営業いたします。」

と知らないで、向かったのでとてもラッキーでした。

日曜日でも、人もそれほど多くなく、
のんびり、行ったり来たり、じーっと見たり、肩車をしたり、
うたを歌ったり、ちょっと走ったり、座り込んじゃったり、靴下脱ぎ出しちゃたり、

生き物も多く、
アメンボに、ショウリョウバッタに、黒いアゲハチョウに、黄色いちょうちょ、蜜を集める蜂、大量のダンゴムシ、いつもの公園より大分大きいアリさん、

途中、たまたま職員の方が池の水質を調べていて、
すくった網の中の、
おたまじゃくしやザリガニ、小さいエビが見られてとてもみんなでびっくり!

「おたまじゃくしってあんなに大きいんだね!」
「あれなら101匹いれば、ザリガニ大親分とギャングタガメ倒せるね!」
と、
ここ数日、子供がハマっている『おたまじゃくしの101ちゃん』(かこさとしさんの絵本)に出てくる
おたまじゃくしとザリガニの本物が見られ、子供も大人も大興奮でした!!

蓮がやガマがあった池は、子供たちも気に入って、何度も橋を渡っておたまじゃくしを探したり、蓮の葉っぱの水をじーっと見たりしていました。
蓮のお花は、これから沢山きれいに咲くだろうな〜と思うと、
今日からの閉園はとってももったいないなぁと話していました。

その後は、ジジとババのうちへ行って、晩ご飯をご馳走になって、
たくさん褒めてもらって帰ってきました。

 

 

子供との時間「三歳児、尊敬し始めました。」

2020.07.02 | Category: 子供,日々のこと

子供が3歳になったばかりの時に、
物を渡すとき「物は投げないんだよ」と教えるつもりで言ったら、

「お父さんも、お家でもの投げないでね、おもちゃ投げないでね」と言われてしまいました。
ドキッっとしました。
ふざけていた息子が急に真顔になり、こちらを向いて、ハッキリそんな言葉を言ったからだと思います。

うわ〜、さっきまであんなおちゃらけてたのに、
なんか急に顔も体もこっち向き直って、あんな純粋な顔で、めっちゃくちゃ正しいこと言われてしまった…
ドキッ!ギクッ!という感じでした。

確かにセカセカイライラしてる時、片付ける時、ぽいぽいやってました。
たまに見てないだろうと思って、足で物をどけてしまっていたりしました。
ごめんなさい〜恥ずかしい〜見てたのか〜偉そうに言ってしまった〜

「お父さんも僕に渡してね」と教えてもらいました。
「はい」と答えました。

 

 

たまに「子に教わる」や「子供と成長」、「子供が師匠」など聞いていましたが、
これは本当かもしれないなぁと思いました。
あの急変真顔と、体のこちらへの向き方、ハッキリとした口調…
大人より、大人。 なんかオーラがありました。

子供が何でも教えてくれている、としたら
自分の足りないところ、思い込み、今何をしているか、どんな風だよって
お父さんは今こんな感じだよって、真似してたり、言葉にしたり、優しく教えてくれている。
それで分からないと、後になってもっと怖い形で教えてくれたりするのかな…

 

 

子供ができて、
子供に対して、親に対して、妻に対して、義両親に対して、親戚、友人…
今までこれでいいかと思って隠していた?気づかなかった?、自分の未熟なところがどんどん分かって、びっくりです。
ちょっと怖いことくらいです。(もちろん嬉しい楽しいこともたくさん)
こんな自分いたのか、自分こんなことで怒っていたのか、自分結構頑固なんだなとか、融通効かないなとか、ペースが乱れるとやなんだなとか、こんな性格だったっけ?と
こうして欲しい、こうあって欲しいがかなりあるんだなと…
結構、勝手で思い通り行かないと嫌なんだなと。

 

自分と向き合わされます。
いやいや
向き合わせてもらってます。

 

とーちゃんこんなだよ。って
こんなことされたら嫌でしょ?って
それいらないよー。
むずかしく考えすぎだよー。
笑えー。

 

「ありがたや、ありがたや」
段々、書いているうちに子供が、師匠を越えて、教祖様、仏様、神様になってきました笑

 

 

「人を笑わすこと、楽しませること、笑顔でいること、嫌なことがあって泣いてもちゃんと切り替えること、やる気満々なこと、素直に身内にも声をかけること、言葉を尽くすこと」
子供が僕にしてくれていること、見せてくれていることです。

 

「ありがたや、ありがたや」
本当にちょっと尊敬してきました笑

 

 

 

このピカピカの美しい、素晴らしいあなたを
なるべく歪ませず、曇らせず、
そのまんま大きく、ちょっと強く、ちょっと賢く、
(願いがエスカレートしそう笑)
元気に、笑顔に、なれる、いられる環境を作りたいなと強く思いました。

 

邪魔しないように。まだ知らないこと出来ないことは教えてあげて、
あえて贅沢言うなら、
(最近はもっと贅沢なことをたくさん思ってしまっていたなぁ)
幸せに暮らせる力、幸せを感じる力を持って欲しいな。

 

 

 

子供のメッセージに気付ける、受け取れる自分でいたいと思います。
子供はいつでも色んなことを見ているんだ、見てないことも見ているんだーと言う気持ちでいます。
そんなふうに、日々生活に、仕事に、これからに、向かっていこうと思いました。

 

※ちなみに、今朝の3歳4ヶ月になったあの方は、目が覚めてすぐ、両手を上げて「抱っこー」と言って、抱っこしたら、3分位ハナクソをほじっていましたけど笑

子供との時間「任せた方がスムーズ」

2020.06.29 | Category: 子供

昨日の記事を書いた後に、朝からつまらないことでイライラしてしまい反省。
いい歳になってもいつまで経ってもやっぱり色々な事でイライラしちゃうなと改めて反省の時間。

少し横にさせてもらったらスッキリしたので、身体が疲れていたのだと思います。
「休日ゆっくり寝たい〜」と言う言葉が今まではしっくりこなかったので、やっと少し分かりました。
でも、なるべく今まで通り、「休日はもったいないから早く起きたい!」でいるために何か運動を継続しなくてはと切実に思っています。
気候、梅雨のせいもあるのかなぁと、反省後は他の原因を探します。
昔は、こういうことで、自分を責めすぎていたり、気にしすぎたりしていた気がします。
たまに思い出して、「あ″ぁ″〜」となったりもしますが。
大人になって少し、対処法を見つけたり、成長?鈍くなって?良かった点だなと。

 

雨があがった後は、子供たちと公園へ散歩。
ダンゴムシつかまえたり、木の枝で植物バシバシしたり、わんちゃん触らせてもらったり(二人とも近くけれど、なかなか触れない笑)、下の子が砂利を食べて吐き出させたり、タバコを吸っている人がいて子供が大きな声で「なんか臭い」と言ってしまってサササと逃げたり、

最後はすべり台を何度もすべり、近くの水たまりにボシャーンと入ってしまったので、帰ってきました。

 

遊具にて
ゆっくりしている子、走る子、大きい子、小さい子、年齢、遊び方もさまざまだけど、
なんだかんだで、譲ったり、うまく抜いたり、気にしなかったり、マイペースだったり、声をかけてくれる子がいたり、たまに泣いたりだけれど、

なんだかんだで、みんなうまくスムーズに遊ぶんだなぁ、すごいなぁ。
親がそばに付き過ぎるよりとっても楽しそうに、集中してるし。
(もちろん、目は離さないけれど、1、2歳は近くにいないといけないけれど)
なんだかんだで、自分たちで解決。

他の人を気にしつつ、自分も楽しく、熱中!すごい距離感!感覚!
とーちゃん、いい勉強になりました。ありがとう。

お気軽にご相談ください!鍼灸栗原治療院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
LINEの登録はこちら


鍼灸栗原治療院の口コミ・感想をもっと見る

アクセス情報

所在地

〒270-0226
千葉県野田市東宝珠花94-2

駐車場

2台あり
※広い駐車場ではありませんので、運転の苦手な方は、事前にご相談ください。
※不安な方は、近くで停車して予約時間5分前にご連絡いただければご案内いたします。

休診日

日曜・月曜・祝日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話・メール・ラインにてご予約お願いいたします。

※往診中は電話に出られないことや、施術中は手が離せないことなどありますが 電話に対応できる時は、電話に出ます。折り返しもできます。
いつ電話をしていいか迷ってしまうという方、今大丈夫かなぁと心配な方も、診療時間中は、遠慮なくご連絡いただければと思います。
休診日も電話だけ受けられることもあります。

メール・ラインは24時間いつでもお待ちしております。
送信後、24時間以内に返信がない場合は、電話でご連絡いただけると助かります。