- Blog記事一覧 - 当院の全身鍼灸治療の記事一覧

当院の全身鍼灸治療の記事一覧

患者さんと一緒に治療をしていく

2019.08.17 | Category: 当院の全身鍼灸治療,患者さんの話,治療院・自己紹介

若い先生の良いところ

「痛みや場所、様々なことが言いやすい、他の話もしやすい」

「それは、50歳過ぎの先生には言えない。

痛みの場所がずれていても、忘れてしまっているのかもと思うこともあるけど、言いにくい。

こんなおばさんでもそうなんですよ」

「だから、実はもやもやして治療を受けて帰ってくることがある」

「若い先生~言いやすい先生、技術を向上しようとか、少しでも良くなってほしい気持ちが伝わる先生~の場合は、それがとても良い、優位なところ」

と患者さんに教えてもらいました。

 

開業当初は、聞かなくても触ればわかるような「先生」にならなければいけない!と思っており、変なプライドがあった気がします。

患者さんに色々なことを聞くことが不要だと思ったり、治療に集中した方がいいと思っていました。

今思うと、色々聞く知識も少なかったし、自信がなく、コミュニケーションが怖かったのだという面も多くあった気がします。

だから、自分ひとりで、身体を変えていこう!変えてやろう!などという気持ちが根底にあったのだと思います。

頭では、話を聞いて、その人に合わせて、丁寧になどと分かっていたのですが、経験と知識、自信などが追い付いていなかったのだと思います。

それは今でもたまに顔を出し、効果について確認するのが怖いなぁなどと、しなければならないこと・聞きにくいことにストップをしようとしてしまうことがあります。

 

ですが、患者さんの言葉を受けて、

「開業したし、業界に関わって10年以上過ぎたけれど、まだ自分は若い、若造なんだ」と

そうなんだから、「変なプライドは捨てて、効果についてでも、何でも患者さんに聞いたらいい」「若いうちの特権」

一度聞いたことなどは忘れてはいけませんが、

そうやって、しっかり向き合っていこうと改めて
「患者さんと真剣に向き合う」
「患者さんと一緒に治療をしていく」、
「オーダーメイドの治療」

という、鍼灸の世界、治療の世界でよく使われるフレーズが少しだけ自分のものになってきた気がします。

「患者さんと世間話だけでなく、真剣に身体の話もできる事」

してきたつもりで、当たり前過ぎるのですが、これはとっても大切なことです。

とても大事なあと一歩だと気が付きました。

 

今自分は、

やっと自分のしていることに自信をもって、

自分ができる事、判断できる事が増え、色々なものが受け入れられ、取り入れられ、

先生なら何でも分かる という態度でなく、分からないことは分からない。知らないことは教えてもらう。

一緒に身体を良くしていく、少しでも楽になっていきましょう、という、

とても穏やかに前向き自然に患者さんの前に立てる、向き合えるようになってきました。

 

また、経験年数、人生経験では、先輩方には及ばないところもありますが、

「どこにでも触れられる手、どこにでも刺せる手」を持っているという小さな自信はあります。

ですので、

分からないこと、原因不明の状態、これからの身体のことなど、患者さんと一緒にそれを探しながら、

少しずつ、焦らず、身体を、生活を良くしていけたらと思います。

 

 

「ベッドに横になったら、何も考えたくない、話したくない方」もいます

「本当は、身体についてもっともっと聞きたい方」もいると思います

「初めてで、何もわからない方」

「もうすべて任せたい」いろんな方がいると思います。

 

当院へ来院される方は、モヤモヤしないで帰ってもらいたいんです。

黙って受けろ!とも思いませんし、

話して~とも思いませんし、

聞きたいことがあったら、遠慮なく聞いてほしいですし、寝たかったら寝てほしいです。

ただ、身体を良くするために必要な問いは、どんな状態でも聞きますので、教えてください。

 

それから、治療に慣れてきて、温かいお灸(灸頭鍼)の時、うっすら寝息を立ててもらえると慣れてきたのだな、鍼が効くなという感覚がするのでとても嬉しいです。そのあと、仰向けになった時、お顔がうっすらピンク色になっていると、自律神経、血流もかなり整ったな、良い方向へ行くなと心の中でガッツポーズをしてしまいます。(話がずれました)

 

いつかは身体を診て、問診をして、ぱっぱっと痛みも全くなく、魔法みたいな鍼灸治療ができるといいのですが、

今は患者さんと一緒に身体を良くすることに全力で取り組みたいと思います。

ご相談ください!

心の のっている鍼

2019.08.02 | Category: 当院の全身鍼灸治療,治療院・自己紹介

師匠に「気の通る鍼を打ちなさい。」と教わりました。

修業時代は、「それは、何なのだろう?」「名人になると手から気が出るのかなぁ」とそんな事を思っていましたが、

最近は、「心ある鍼」と言いますか、「思いやりのある鍼」と言いますか、

「優しい鍼」これは違う、

 

治療中、刺鍼中、

「ふわふわ~っとして、鍼と手がもじょもじょ~っとして、ぐわしぐわしとツボをつかむ感じ」で、

「患者さんがころころ~っと軽くなって、ふぅ~っとペタンとベッドに張り付いてしまう感じ」です。

とっても鍼を持って治療をしていて、心地よい、気持ちよい、鍼ごたえがあって、

会話をしていても、穏やかで、清々しい調子で、何となく嬉しい気分、目が垂れて、口角がほんの少しだけあがった感覚になります。

 

訳の分からない説明になりましたが、文字にするとこんな感じが、

今の僕にとって「気の通る鍼」なのかなと思っています。

もしくは、「気の のっている鍼」という表現が今のところピンときています。

どなたか共感してくださる方、募集しております(笑)

 

少しでも、来院してくださる方のお身体、気持ちが楽になるよう日々精進してお待ちしております。

全身治療(当院の特徴をさらに詳しく)

2018.08.04 | Category: 当院の全身鍼灸治療,治療院・自己紹介

治療院、鍼灸院、施術所選びの参考になればと思います。

①技術について
「体得した鍼灸治療」
当院の鍼灸治療は、お金を払って頭を使って勉強した技術ではありません。
師匠の鍼灸治療院にて、お掃除をしながら、一緒に食事をとりながら、叱られながら、治療を見せていただき、稽古し、身体に治療院の空気、治療する者のあるべき姿を肌で感じ、覚えさせながら、必死で体得した技術です。
七年間の修行時代を思い返し、決してお金で買える技術、誰にでもできる技術ではないと今改めて思います。
免状や資格など形のあるものはありませんが、私の手にはしっかりと師の鍼灸があります。

「全身鍼灸治療」
身体は全て繋がっており、原因が必ず症状の出ている所とは限りません。
そのため患部だけの治療では一時的に症状が良くなるのですが、根本的な原因、症状が改善していないため、同じ症状が出たり、病の部分が治りにくい場合があります。

基本的に身体を治しているのは身体自身の力(自然治癒力)です。
薬や注射は、病気を治すものと思われていますが、治す薬はとても少なく、実際は、病気の症状を和らげる、感じにくくするものがほとんどであり、その間に、身体が自然と治しています。
鍼や東洋医学は症状を和らげる力、スピードは薬より小さいですが、和らげると同時に身体が治る力を強くすることができます。

病気のところだけを治そうとするのではなく、
体全体を良くして「治る力」を正常に働かせる必要があります。
治る力を正常に働かせることができると、根本的な原因を自身の身体が自然と探し治してくれたり、原因不明の症状を改善してくれたり、今まで行っていた治療が効くようになったり、同じ不調が起こりにくくなったり、起こらなくなったり、
まずは、その他の不調不具合を治療して、治る力をうまく働くようにしてあげると病の部分が治ることもあります。

●全身治療は症状のある部分だけでなく、全身、頭のてっぺんから足の裏までくまなく診察、治療にあたっていきます。
●全身治療は患部の症状の改善、緩和だけでなく、身体の自然治癒力を高め、ご自身で身体を治すこと、病気になりにくくなること、より元気になれることを願い治療にあたっています。
●全身治療は、積み重なっていきます。
1度治療を受け、あまり効果が感じられなかった…決してそれは無駄ではなく、次の治療へと繋がっています。鍼灸治療は0点と100点、効く効かないだけでなく、一歩一歩コツコツと積み重ねていけるものです。

 

身体…日々、細胞が壊れ、再生しての繰り返し
疲れ・老いとは…細胞が壊れ、酸素不足になり、再生がうまくいっていない状態。続くと、不調や病気となってあらわれる
健康な状態とは…細胞のすみずみまで、質の良い血液(酸素)が流れていること

鍼を身体に打つと、
身体が免疫機能を働かせ速急に身体を守ろうと、血管を広げ白血球が多くの血液と共に鍼の周り(血流の悪いところ、症状のあるところ)に集まってきます。

しっかりと全身治療を続けていると、鍼治療は身体の隅々まで血の巡りを感じることができ、「こんなに疲れていたのか、こんなに血行が悪かったのか・・・」「よみがえった!スッキリした!」と感じることができます。日々の緊張から身体を解放できます。

一気に緊張が解けどっしりと身体に重くくる方、全身に血流が回り良質な温泉に入ったようにぼーっとほわほわする方、数時間後から二日後には身体になじみ落ち着き、身体が軽くなります。
大きな変化を感じられない方、必ず身体は良い方向へ向かっています。自然治癒力をより高めていきましょう。

穏やかな朗らかな身体を、
焦らず着実に、
一緒に作っていきましょう。

師匠への挨拶

2018.01.03 | Category: 当院の全身鍼灸治療

年末に師匠への挨拶へ伺いました。

早めに到着し、いつものコーヒー屋さんで
毎年この時間は、緊張して、色々な出来事を思い出し、何とも言えない時間です。
ただ去年より少しだけ緊張は減っていたなぁと思います。
やることを今までより少しはやれていたのかなと。

楽しみなような、怖いような大切な時間だと文章にして思いました。

 

「先生の鍼のおかげで毎日仕事ができています」と報告でき、

その後食事中、同席していた長年のお二人の師匠の患者さんが
「もうこの年になったら、鍼を打たれながらポックリ死んだら最高だなぁ」
「昔、雑誌で鍼を打たれるために生きていると書いてあったものがあったが、今は本当にそんな感じだなあ」と会話されていた事に感動しました。

この一年は、本当に多くの治療家の方がいること、一瞬で悪いところを治してしまう凄い方、みなくても悪い所が分かる方、病院以上に最先端の科学医学があるいる事を知り、鍼灸には何ができるのかなぁと思うこともありましたが、

やっぱり鍼灸には、自分の仕事には、何かやれる事があると改めて実感しました。

 

教えていただいた全身鍼灸治療は、

症状を改善し、
身体と気持ちをマイナスからゼロに戻すだけでなく、
身体と気持ちをゼロからプラスにもできること。

健康、生活の質を上げ、自身の思うものに近づく手助けをすることができる。
それが全身鍼灸治療の一番の素晴らしい事、役目だと思いました。

「穏やかに、しなやかに、いきいきとした自分をいつも、いつまでも」
を実践できるための治療が、当院の鍼灸全身治療です。

 

これで今年も自信を持って鍼を持てそうです。

お気軽にご相談ください!鍼灸栗原治療院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
LINEの登録はこちら


鍼灸栗原治療院の口コミ・感想をもっと見る

アクセス情報

所在地

〒270-0226
千葉県野田市東宝珠花94-2

駐車場

2台あり
※広い駐車場ではありませんので、運転の苦手な方は、事前にご相談ください。
※不安な方は、近くで停車して予約時間5分前にご連絡いただければご案内いたします。

休診日

月曜・金曜
※2020年4月より日曜・月曜 休診に変更になります

ご予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話・メール・ラインにてご予約お願いいたします。

※往診中は電話に出られないことや、施術中は手が離せないことなどありますが 電話に対応できる時は、電話に出ます。折り返しもできます。
いつ電話をしていいか迷ってしまうという方、今大丈夫かなぁと心配な方も、診療時間中は、遠慮なくご連絡いただければと思います。
休診日も電話だけ受けられることもあります。

メール・ラインは24時間いつでもお待ちしております。
送信後、24時間以内に返信がない場合は、電話でご連絡いただけると助かります。