- Blog記事一覧 -顔面神経痛・顔面神経麻痺

顔面神経痛・顔面神経麻痺

2018.01.14 | Category: 症状・治療案内

顔面神経麻痺になり、
医師から「顔に刺激を与えないで下さい」と言われることがあります。

その際の刺激とは
「顔全体を自分で無理やり強引に動かすこと」
「電気鍼(パルス治療)による鍼灸治療」を指すと思われます。

その二つの治療法は、必要以上に様々な筋肉を一緒に動かしてしまい、別々に筋肉を動かすことができなくなってしまったという例があるため、医師の中には刺激禁止と勧める方が少なくありません。
(※目の筋肉と口の筋肉を強引に一緒動かしてしまったため、目と口が一緒には動くが別々には動かなくなってしまったり。ビートたけしさんなど)

 

当院は、単刺(鍼を刺して抜くだけ)という方法で施術を行いますので、医師の言う「刺激」とは全く違うものになりますので、ご安心下さい。また、一年以内の顔面神経麻痺に対しては鍼灸治療は最善の治療法の一つということは間違いありません。

発症三日後から1週間は症状が強くなることがありますが、発症から一日でも早く治療を受けられると回復も早まります。
医師に治療方法はありませんと言われても、諦めず是非鍼灸治療を受けてみて下さい。


お気軽にご相談ください!鍼灸栗原治療院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト しんきゅうコンパス

アクセス情報

所在地

〒270-0226
千葉県野田市東宝珠花94-2

駐車場

2台あり

休診日

月曜・金曜

ご予約について

当院は完全予約制となっております