- Blog記事一覧 -絵本の読み聞かせ

絵本の読み聞かせ

2018.07.29 | Category: 子供,患者さんの話,治療院・自己紹介

「本を読んでもらうと気持ちがいい」
これは患者さんのご家族(おばあちゃん)が3歳のお孫さんに言われたことです。

お孫さんの子守に行き、絵本の読み聞かせをしていて、
間違えて1ページ飛ばして読み進めようとすると、
「1ページ飛ばしてる」と言われ、
「何度も読んで話知ってるなら、自分で読みーな!」と言うと、
「だって、読んでもらうと気持ちいじゃん!」と答えたそうです。

こんなこと言うんだ、子供は面白いと笑って教えてくれました。

大人が子供や赤ちゃんに絵本を読んであげるのは
情操教育のため、生活習慣を覚えてもらうため、言葉を覚えてもらうため、楽しんでもらうため、と思っていたのですが、
大切なのは
子供が理解している事や、おとなしく本を見ている事、笑っている事だけではなく、
大人が子供の様子を見ながら、本の文字を声に出して聞かせよう読んであげようとしているということ自体が一番大切なのだと思いました。

子供を抱っこしたり、おぶったり、なでたり、手を握ったり、肌に触れるスキンシップは大切だと言われていますが、

優しく声をかけたり、笑顔で名前を呼んだり、挨拶をしたり、絵本の読み聞かせをするのも、肌に触れるのと同じなのかなぁと思いました。
子供たちは声でもなでられ、触れられているのかなぁと。

 

でも子供達だけでなく、大人も同じで
心地良い声、音、音楽、優しい会話を耳にすると、少し穏やかになったり、力をもらえたり、支えられたりすると思います。

また、
生き生きとしたお花があること、
様々な豊かなにおい、自然のにおいを感じること、
大切な物が丁寧に置かれていること‥

一瞬でも嫌な事が頭から離れたり、他の事を考えたれたり、
少しだけ楽しい想像ができたり、誰かと何でもない会話ができたり、

ほんの些細な事かもしれませんが
身体、気持ちが鎮まり、落ち着きます。
不要な緊張を自然に弛める手助けをしてくれます。

色々な力を借りて、工夫をして
少しでも楽な時間が増え、よい方向へ症状が進むように、
元気な人はより元気に、より色々なことにチャレンジできますように、

心地よい日射しで、気持ちよい風がたまに吹いて、
自然と「ほっ」と息ができる治療院、場所にしていきたいと思っています。


お気軽にご相談ください!鍼灸栗原治療院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト しんきゅうコンパス

アクセス情報

所在地

〒270-0226
千葉県野田市東宝珠花94-2

駐車場

2台あり

休診日

月曜・金曜

ご予約について

当院は完全予約制となっております