- 施術コラム一覧 - 針を刺した後の血液の動き・自然治癒力とは

針を刺した後の血液の動き・自然治癒力とは

炎症中や鍼治療後は、
血流が良いという状態になり、身体の中を様々な物質が自由に迅速に移動できます。


その様々な物質とは
1、「赤血球」「血漿」
回復に必要な栄養(酸素や酵素、ミネラルなど)を必要な場所に届けます。
☆身体を再生・回復させる物質

2、「白血球」
好中球やマクロファージ:修復不可能な細胞・本来の性質を失った細胞を取り込み消化
キラーT細胞:異常な細胞・標的細胞の破壊
☆悪いもの・古くなってしまったものを一度壊し、取り除く物質

3、「老廃物」=毒素とも表現される
古い細胞の死骸や体に不要なもの(2で消化したものや、新陳代謝によって産出されたもの)を毛細血管が回収します。
そして汗として排出されたり、腎臓まで運ばれ処理されます。
※老廃物を溜め込んでしまうと、代謝が悪くなり、むくみ、肌荒れ、食欲不振、肥満、腸内環境の乱れ、便秘、冷え性など多くの不調の原因・身体の回復の遅れの原因になります。


休養を取っているだけでは回復しない、薬を飲んでも改善しない場合は、
細胞にとって必要なものを充分に供給して、(1)
細胞にとって不要なものを取り除くことが大切です。(2,3)
そして、このサイクルが疲労回復、症状の緩和、病気の治癒の基本的な流れです。
また、東洋医学の「気・血・水」においてもこの考えは重要です。


私も以前は、薬が病気を治してくれると思っていましたが、
多くの薬は、症状(痛み、発熱、吐き気など色々なもの)を和らげるものがほとんどです。
その和らげている間に、身体の治る力(血流の仕組み)が働き、細胞の異常(病気)を正常化して、治った!となります。

ですが、身体の治る力が弱っていると、
薬で症状を和らげても、細胞の回復が間に合いません。
つらい症状を緩和することも大切ですが、
身体の根本(全身や血流など)から治療をし、治る力が再びうまく働くようにする必要があります。
そうすると、今までの薬の効果が上がったり、患者さん自身の力で病気、症状は自然と緩和、治癒します。

☆身体の回復は身体が持っている「自然治癒力」しかありません!
このことはどんな症状・病気になった時にも大切な考えです。

 

 

※西洋医学を否定しているわけではなく、
「外科手術」「抗生物質」「ワクチン」「診断」など私も我が家もとても助けられています。
私たちもしっかり勉強し、必要なもの、得意なものを見極めて医療機関・施術所に通院しないといけないとも思います。

 

 

説明不足や言葉足らずな場所もありますが、今後補足の記事やリンクを作っていきます。
また、鍼灸師の方や医療関係者のアドバイス、訂正、疑問などありましたらコメントやメッセージお待ちしております。
多くの力もお借りして、より深い正しい知識にしていけたらと思っております。


お気軽にご相談ください!鍼灸栗原治療院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト しんきゅうコンパス

アクセス情報

所在地

〒270-0226
千葉県野田市東宝珠花94-2

駐車場

2台あり

休診日

月曜・金曜

ご予約について

当院は完全予約制となっております