- 頭痛

頭痛

緊張型頭痛

頭全体、後頭部が痛み、締めつけられるような痛み、重苦しい鈍痛。

片頭痛

頭の片側に起こることが多く、ズキンズキンと脈を打つような強い痛み。

前兆として、ギザギザした光が見えたり、視野の半分が見えにくくなることがある。(閃輝暗点)

頭痛の大きな原因

首・肩の緊張・コリにより

後頭部と首の境目で神経を圧迫したり、血流が悪くなり頭が酸欠のようになり痛みが出る。
また緊張が急に緩むと、頭部への血流が一気に流れ、頭部の神経に触れ痛みが出ます。

目の使い過ぎ、持続的なストレスにより

頭部に栄養(血)が必要と判断し、頭に必要以上に血が集まり充血状態になってしまいます。
神経は血管の近くに通っていたり、血が多いと頭の中の細胞・筋肉は膨張し、神経を圧迫し痛みが出ます。

寝不足、暴飲暴食、運動不足など悪い生活習慣により

筋肉は更に緊張し、自律神経が乱れ、血流・頭の中の圧力の調整がスムーズにいかなくなります。

当院の治療方針

当院では、後頭部と首の境目、さらに首肩の筋肉をほぐし、頭への血流を正常化し、頭がスッとする鎮静作用のある顔鍼や頭鍼、更に目を酷使している場合眼圧を下げる施術を行い、頭の中に余裕を持たせ、適切な血流にコントロールいたします。

また女性の場合、足の冷えにより血流が不安定になるため足先・足裏までをしっかりと温めます。
更に全身を調整し、特に首が緩むと自律神経もより安定してきます。

頭痛薬について

頭痛薬は痛みがなくなり治るのではありません。
痛み、原因はまだあるがそれを感じなくしているだけです。頭痛薬は飲む回数が増えていく傾向にあります、薬の飲み過ぎによる胃腸の不調などにも注意が必要です。


アクセス情報

所在地

〒270-0226
千葉県野田市東宝珠花94-2

駐車場

2台あり

休診日

月曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております