- 腰痛・坐骨神経痛・足のしびれ

腰痛・坐骨神経痛・足のしびれ

腰痛の85%は原因不明と言われています。
腰痛の方には身体にいくつかの共通点があります。

①「お腹が硬い」

お腹も腰に負担がかかり過ぎると、腰を前面から支える為、筋肉の硬さではなく病的に硬くなり腰を守ろうとします。
また、痛み止めなどの薬の飲み過ぎで胃腸が悪くなり身体の内からも硬くなります。

②「足首が硬い」

足首が硬いと、何をするにしても身体への衝撃が強くなります、試しに足首を固定して歩いてみて下さい。足首がスムーズに柔らかく曲がると、膝もよく動き、骨盤、腰も柔らかく負担が少なく楽に動きます。
一回一回は小さな衝撃ですが、年齢を重ねるととても大きな負担、ダメージになります。

③「骨盤・お尻・ももの後ろ・ふくらはぎの異常」

大体の方が、腰から下の骨盤・お尻・ももの後ろ・ふくらはぎが「パンパンに筋肉が動かないほど緊張」していたり、痛みの限界を超えている場合は「力なく不自然にふにゃふにゃ」となっていたり、しびれていると「何となくゴワゴワ」した感じになります。まだガッチガチに硬いほうが良いくらいです。下半身の柔軟性が少ないと腰痛になりやすく、反対に腰を痛めると痛めた腰をかばうため下半身に大きな負担をかけることがあります。

④「背中の張り」

お腹、下半身と同じように腰をかばうため、必要以上の負担がかかっていることがあります。

➄「強いストレス」

ストレスは痛みを強くします。
痛みを緩和させるホルモンが減ったり、血行が悪くなるためです。

⑥「冷え」

女性だけでなく、座りっぱなしの作業、夜間の薄着、冷たい飲み物を多く摂取した男性も身体の内側を冷やしていることが多くあります。

当院の施術

当院は全身治療ですので、①~⑥をしっかり確認、改善しながら治療を進め、根本的な痛みの改善を致します。

慢性痛では、腰だけ治療をして改善しても、同じ症状に悩まされたり、別の症状が現れたりと治療に終わりがありません。

「ギックリ腰」「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの腰の痛みも、おおもとは上記の原因が大きく関係していますので、全身治療で大きく改善が見込めます。「坐骨神経痛」や「足のしびれ」は①~⑥のうちの③、⑥をメインで施術を行います。

腰や骨盤の異常による神経の圧迫、血流を改善し回復を目指します。
またしびれに対してはツボに灸をえ、神経の繋がりを活性化させ身体を正常に促します。極力、体を切る手術をしたくない方ご相談ください。


アクセス情報

所在地

〒270-0226
千葉県野田市東宝珠花94-2

駐車場

2台あり

休診日

月曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております